家で自分の時間が取れなければ仕事中に時間を作ろう

家で自分の時間が取れなければ仕事中に時間を作ろう

19/02/27 タグ:

こんにちは。mashiCoと申します。
僕は2019年2月現在、既婚の子供が2人の31歳です。
皆さんは自分の時間は確保できていますか?
これくらいの年齢だとありがちな事かと思いますが、僕は家ではなかなか時間を確保できません。
僕は本業以外にも仕事をしたり、このブログを書いたりと自分の時間をとても必要としているので、最近は仕事中の時間をこっそり自分の時間に当てるようにしています。今回はそのやり方を紹介したいと思います。

立ち位置

そもそも仕事の内容や会社での立ち位置によって時間を確保できる割合に影響してくると思いますので、僕の立ち位置から紹介したいと思います。
僕は学校法人の広報の仕事をしていて役職もあります。仕事の内容は事務仕事と外回りが半々と行ったところです。

自分で仕事を作る側かどうか

そして時間が取れる割合が大きいかどうかは「自分が仕事を作る側かどうか」という事だと思います。
仕事を作り部下に振ったり、自分で仕事の内容を決めることができるポジションであれば調整次第で自分の時間を確保することができます。

逆に仕事をもらう側ですと自分で仕事量をコントロールすることが難しいので、その分作れる時間も少なくなってしまいます。
僕は基本的に自分で仕事を作る側に立っているので時間を作ることができています。
ただし、その分自分の仕事が疎かになってはいけませんし、部下の管理もきっちり行い、何かあったら全て自分の責任です。

スポンサードサーチ

本業と同じようなことをする

このブログは今まさに仕事中に書いています。
仕事中に自分のことをやるには仕事と同じようなことであればバレずに進めることができるのです。

僕は事務仕事の中でHPのコーディングを行ったり、記事を書く仕事があります。その仕事であればコーディングをしたりブログを書くことであったりと見た感じ変わらないので意外と気づかれないのです。

もちろん工夫があって、普段仕事でしているツールと同じツールを使ったり、エディタの文字サイズを小さくしてぱっと見何が書いてあるのかわからないようにしています。

やりたいことを仕事にする

そんなこと言っても仕事で記事を書いたりすることなんてないよ!と思う方もいるかと思います。
そんな場合はやりたいことと同じような仕事を作るという手段もあります。

例えばブログを書きたいのであれば、会社のHP担当に立候補し、どんどん発信をしていったほうが利益に繋がると説明し、そのような仕事を手に入れるのです。

実際に僕もコーディングの仕事をしたいので、自社のHP担当になり、現在はメンテナンスまで管理するようなったので、自社のHPではなく自分の仕事のコーディングも仕事中に堂々とやることができています。

まとめ

会社のHP関連の仕事を獲得できれば、かなり道が広がってくると思います。
何よりもHP関連に関しては周りの方が「知らない」ということが多い領域なのでこの方法が通用するとも考えられます。
ぜひ皆さんも自分の時間の確保の為にいろいろチャレンジしてみてください。

テニスラジオ配信中

この番組はスクールやサークルなどでテニスを楽しまれてる方とテニス情報を共有したり、趣味のIT関連についてお話しする番組です。

anchorからpodcastが聞ける各プラットフォームへ配信していますので、ぜひ「mashi_Tennis」で検索して聞いてもらえると嬉しいです!

※こちらのリンクはanchorのプラットフォームへのリンクとなります。