Tennis

【テニス】大会に出始めたけどなかなか勝てない場合の事例と私が考える対策

私は元々テニスコーチをしており、今は本業の傍らテニスコーチを続けています。今までたくさんの方を指導してきて、ある程度の実力がついたら積極的に大会に出ていただいているのですが、いきなり大会で初戦突破を果たす方は稀です。

大会に出始めて数回でも勝てる方とそうでない方はどう違うのか?私なりに考えてみた違いについてご報告させていただきます。
ただし、勝てる方とスキル的には同等程度の方を想定しています。そもそものスキルが足らないのはまた別の問題だと思いますのでご了承ください。
同じような状況の方の参考になれば幸いです。

考え方の違い

根本的な大きな原因は考え方ではないかと感じています。考え方の違いで負ける原因を招いている可能性が高いのでここを改善できると初勝利が近づいてくると思います。

具体的には「自滅のリスク」よりも「攻撃してポイントとる」イメージが強いことだと思います。下記がその代表例だと思うので、当てはまる場合は考え方を変えていくと良いと思います。

原因1:強打でエースを狙いすぎる

特に高校生や若い方は強打してエースを取りたい、一気に展開を有利にしたいと考えがちです。
そもそもそのような考えにいたる原因としてはプロや上級者が通常打っているボールが速いのでそうした方が良いと思われがちですが、プロや上級者は一般の方が見てすごく速く感じるボールでも実際には5割から7割の力加減で打っています。思いっきり打ったらもっと速いボールが打てるのです。
ではなんで打たないのか?コントロールし切れないからです。プロでも上級者でも100%で打ったらミスします。

エースを取ろうと思い、難しいコースを狙いすぎるのよくない考えだと思います。いきなりエースをとることは難しく、狭いスペースを狙うことになるのでミスも増えます。

原因2:体勢が悪くても強打しようとする

ボールに近い、遠い、走らされているなど体勢が崩れている時にも強打してしまうことも多いと思います。
体勢が悪ければ上級者でもミスをしますので、自分の体勢を考えて打つ必要があります。

原因3:ストレートを使いすぎる

シングルスでもダブルスでもストレートを使いすぎているパターンも多いように感じます。ストレートは攻撃的ですがコートの長さは短く、ネットの高さも中央より高いです。
ダブルスの場合はストレートには前衛がいますので簡単にボレーで決められてしまうことも多いと思います。

改善案1:ミスなくコントロールできる球威を知り、8割それを使う

大会出始めの方のポイントの失い方は半分以上「自滅」です。相手のボールが速かったり、走らされてではなく余裕を持って打ったボールもミスをしているのだと思います。

それを無くすのが重要で、考え方としてはまず自分の中でミスなくコントロールできる、繋げるスピードを知る必要があります。なので練習中にどれくらいの球威だったらミスが少ないか検証してみる必要があります。

次にそれを試合では8割使います。強打は2割程度に抑え、とにかく自滅を減らすことができれば勝率が上がると考えます。

改善案2:基本戦術を徹底する

ダブルスであれば後衛がクロスラリーし、崩れたところを前衛がポーチして得点。シングルであればクロスラリーの展開から浅くなったボールをストレートなどの基本戦術を徹底することがミスを減らせると考えています。

基本の戦術は理解しているが、色々やってみたくなってしまうのではなく、まずは基本戦術をきっちりやることが重要です。ある程度のレベルまでは基本の戦術でミスを減らせば勝てると思います。

まとめ

とてもありきたりなことを書いていると思いますが、実際に同等のスキルの方と対戦して勝てない時は徹底できてないように思いますし、とても多く見かけます。

この考え方をもとに練習していけば、練習内容や練習に対する意識も変わり、試合でのプレーも変わってくると思います。それができるようになると、そこから強打やストレートを使う戦術に展開できるはずです。逆に基礎がないと応用には繋がらないと思います。

テニスは勝てるようになると違う世界が見えてきてとても楽しいスポーツです。テニスを楽しくプレーできる方がもっと増えると良いなと私は考えています。

以上、「大会に出始めたけどなかなか勝てない場合の事例と私が考える対策」の報告でした。