【ビジネススキル】仕事ができる人のエレベーターの乗り方とは?

【ビジネススキル】仕事ができる人のエレベーターの乗り方とは?

18/09/06 タグ:

こんにちは。mashiCoと申します。

オフィスやホテルのエレベーターでの移動って時間かかりますよね?
いくら他の仕事や移動を効率化していってもエレベーターの移動って遅くてイライラすると思います。

そこで1分1秒でも時間を有効活用したいビジネスマンの方に、私が上場企業で働いてたころに上司から教えてもらったエレベーターの乗り方を紹介したいと思います。

「閉じるボタン」を先に押す。これだけ

大層な前置きでしたが、実はこれだけです。

普通エレベーターに乗ったら無意識のうちに目的階のボタンを先に押していませんか?エレベーターは閉じるボタンを押してからもすぐに閉まってくれないため、結局待ち時間が発生します。
なのでこの待ち時間を利用して、目的階のボタンを押せば良いので、先に閉じるボタン押しておいたほうがトータルの待ち時間を減らすことができるのです。

スポンサードサーチ

浮いた時間は微量でも、意識は大きく上がる

なにそれ?ほんの数秒じゃん!?と思ったかもしれません。

ほんの数秒です。でも大きいんです。この工夫が大切なんです。
このように仕事ができる人は、細かいところでもどこか改善できるところはないかと常に考えているからこそ、エレベーターのボタンを押す順番にまで意識を持っていくことができるのです。

このような考え方できると、仕事でも効率が上がったり、広い視野で考えることができるようになります。
結果仕事の成績も上がりやすくなり、でぎるビジネスマンに近づくことができるでしょう。

私もまだまだですが、これを意識してから細かいところまで意識が行くようになり、色んなことを深く考えるようになりました。
是非参考にしていただければと思います。

テニスラジオ配信中

この番組はスクールやサークルなどでテニスを楽しまれてる方とテニス情報を共有したり、趣味のIT関連についてお話しする番組です。

anchorからpodcastが聞ける各プラットフォームへ配信していますので、ぜひ「mashi_Tennis」で検索して聞いてもらえると嬉しいです!

※こちらのリンクはanchorのプラットフォームへのリンクとなります。