EvernoteからScrapboxへの移行時に問題のPDFはGyazoで解決

EvernoteからScrapboxへの移行時に問題のPDFはGyazoで解決

18/10/12 タグ: , ,

こんにちは。mashiCoと申します。
最近「脱Evernote」に関する記事を見かけるようになりましたね。
そういう私もEvernoteへの依存度が減り、Scrapboxやdropbox-paperを使うようになってきました。

そこで今回完全にEvernoteから移行するのに問題だった「画像」に関して現段階での解決策が見つかったので紹介したいと思います。

各サービスにおける私の使い方

今までEvernoteの使い方としては、下記になります。

  • メモを取る
  • PDFや画像を保存する
  • 仕事で使う各サービスのPWを管理
  • ウェブクリップ
  • 名刺の管理

これらを別のサービスに移行しているのですが、移行先としては下記になります。

  • メモを取る → Dropbox-paper
  • PDFや画像を保存する → scrapbox
  • 仕事で使う各サービスのPWを管理 → scrapbox
  • ウェブクリップ → pocket
  • 名刺の管理 → Eight

という感じで今までのように何でもかんでもEvernoteではなく、それぞれ得意分野のサービスに移行するようにしてみました。




問題点

上記のように移行しようとしたものの、PDFと画像に関してはEvernoteではそのまま放り込めば済んだものが、Dropbox-paperだとDropbox本体に保存してリンク。
scrapboxだと画像はほうり込めるのですが、使用度の高いPDFは放り込めません。

スポンサードサーチ

Gyazoが便利だった

そんな問題点を解決できるのが、scrapboxでも推奨している「Gyazo」というサービスです。

このサービスはスクリーンショットを共有するサービスで、最大の特徴はデータを端末に保存するのではなくクラウド上に保存し、撮ったそばからリンクを吐き出してすぐに相手と共有できるというものです。

scrapboxにPDFを保存したい場合、そのままではダメですが、1度PDFをビューアーなどで開き、その開いた画面をGyazoのスクリーンショットで撮影すれば、最終的にはPDFの内容をサクッとscrapboxに保存することができます。

結局欲しいのはPDFではなくてそこに記載されている情報が欲しいわけですから、上記の方法で問題なく閲覧はできるようになるかと思います。

印刷はPD形式が便利

ただし、後から「印刷」したい場合はやはりPDF形式が便利かと思いますので、PDF自体はPCやクラウド上に保存しておき、印刷が必要な場合はそちらから使う形になります。

最後に

まだまだ移行中なので仕様は変わるかもしれませんが、もう少し運用して感想をまたブログに書きたいと思います。

また、他の移行先である各サービスについても、それぞれ記事にしていく予定ですのでお楽しみしておいてください。

テニスラジオ配信中

この番組はスクールやサークルなどでテニスを楽しまれてる方とテニス情報を共有したり、趣味のIT関連についてお話しする番組です。

anchorからpodcastが聞ける各プラットフォームへ配信していますので、ぜひ「mashi_Tennis」で検索して聞いてもらえると嬉しいです!

※こちらのリンクはanchorのプラットフォームへのリンクとなります。