フラット・スライス・スピンサーブを打ち分けるためのトスの位置とは?

フラット・スライス・スピンサーブを打ち分けるためのトスの位置とは?

17/02/08

みなさん、サーブの打ち分けはできていますか?
サーブには「フラットサーブ」「スライスサーブ」「スピンサーブ」の3種類がありますが、それぞれ打ちやすトスの位置が違います。
特にこれから新たに別のサーブを習得する際にはトスの位置はとても重要ですので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。

トスの位置はサーブによって少しズラすと打ちやすい

非常にヘタクソな図で申し訳ないのですが、簡単に表すとこのようにフラットサーブは真上、スライスサーブは少し利き手側、スピンサーブは非利き手側になります。※図は右利きの方になります。

スライスサーブとスピンサーブの場合、自分の身体の真上からズラす幅を大きくすれば、よりサーブの変化は大きくなりますが勢いは落ちます。ですが覚え始めの時は変化が無いと、できているのかわからないかと思いますので、トスの位置を大きくズラして打ってみて、感覚を掴めたら自分にとって打ちやすい位置まで戻すと良いかと思います。

詳しい打ち方はこちらをご覧ください。

【テニス】サーブの確率を上げる!スピンサーブの打ち方
【テニス】相手に攻めさせたくない!スライスサーブの打ち方

上級者は同じトスの位置から打ち分ける

上記で説明したトスの位置は、上級者になるとほぼ同じ位置のトスから打ち分ける必要が出てきます。
それは試合をしている時に相手にどのサーブが来るかバレてしまうからです。なのでよくテレビで見るプロなんかは当然のごとく同じトスの位置から3種類のサーブを打ち分けています。
ただ初心者の方はそれを真似してしまうと、逆にサーブの習得が遅くなってしまうので、段階を経て覚えていきましょう。

テニスラジオ配信中

この番組はスクールやサークルなどでテニスを楽しまれてる方とテニス情報を共有したり、趣味のIT関連についてお話しする番組です。

anchorからpodcastが聞ける各プラットフォームへ配信していますので、ぜひ「mashi_Tennis」で検索して聞いてもらえると嬉しいです!

※こちらのリンクはanchorのプラットフォームへのリンクとなります。